LaravelをXAMPP環境にデプロイする。

PHP
スポンサーリンク

LaravelをXAMPPのapache環境にデプロイする方法を備忘録として簡単にまとめてみました。

Laravel環境を構築した環境

  • Windows10
  • XAMPP(3.2.4)
  • Composer(2.0.7)
  • PHP(7.4.12)
  • Apache/2.4.46 (Win64)
  • Laravel Framework 8.16.0

XAMPPでLaravelアプリケーションを公開したときの手順

      1. XAMPPインストール
      2. Composerインストール
    1. Laravelのインストール
      composer global require laravel/installer
    2. 環境変数の設定 システムの詳細設定からpathの設定
      C:\USERS\利用者名\Appdata\Roaming\Composer\vendor\bin
    3. Laravelのプロジェクトを作成したい任意の場所に移動(C:\laravelなど)
      cd C:\laravel
    4. プロジェクト作成コマンドを実行 ※今回はlaravelappという名前のプロジェクトを作成(3~5分程度かかります。)
      laravel new laravelapp
    5. XAMPPのhtdocsにlaravelappフォルダごとコピーする。
    6. apacheを起動して以下のURLを実行
      http://localhost/laravelapp/public
    7. 以下の画面が表示されればOK
    8. 今のままだとhttp://localhost/laravelapp/publicとURLが長いのでhttpd.confの最終行に以下を追記
      Alias / "/xampp/htdocs/laravelapp/public/" 
      <Directory "/xampp/htdocs/laravelapp/public/">
      Options Indexes FollowSymLinks
      MultiViews AllowOverride
      All Require all granted

Apache2.4系からは[Order allow,deny]や[Allow from all]を記載するとapache起動時にエラーになるのでここではReqire all grantedにしています。

 

最後にapacheを再起動してhttp://localhostに接続。Laravelの初期画面が表示されればOKです。

ロリポップ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました