Hulftでファイルが既に存在した場合の動き

パソコン
スポンサーリンク

Hulftでファイルを送信(配信)した際に同名のファイルが存在した場合の動作は集信管理画面の基本設定⇒登録モードで設定することが可能です。配信側の設定ではなく集信側(受信)の設定で制御ができます。

Hulft集信設定の登録モードの動き

新規作成

  • 同名のファイルがすでに存在している場合はエラー
  • ファイルが存在しない場合は新規作成

置き換え

  • 既存のファイル内容を受信データに置き換え(上書き)
  • ファイルが存在しない場合は新規作成する。

追加

  • 既存ファイルの最後に受信データを追記
  • ファイルが存在しない場合は新規作成

同名ファイルが存在した場合の動きなどを想定していないとファイルが上書きされてしまい、ファイルが消失してしまうなどのトラブルにもつながりますので気を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました