XAMPPでインストールしたPHP環境にLaravelをインストールする

PHP
スポンサーリンク

XAMPPで構築したPHP環境にPHPフレームワークでは断然1番人気のあるLaravelを導入してみました。

Laravelとは?

Laravel(ララベル)は,比較的最近の2011年にリリースされたPHPのフレームワークで今やPHPのフレームワークでは海外も含め一番人気のあるフレームワークです。Laravelは,MVCモデルを採用しています。MVCは

  • M(Model)・・・データ処理
  • V(View)・・・画面表示
  • Controller・・・全体の制御

の3機能に分かれて開発を行うようになっています。Laravelのパッケージ管理はComposerというパッケージインストーラを使用してソースが管理されています。今回はComposerのインストールからLaravelのインストールまでの手順を紹介したいと思います。

Composerのインストール

LaravelをインストールするにはComposerを先にインストールする必要があるので以下のサイトからComposerをダウンロードします。

Composer
A Dependency Manager for PHP

ダウンロードボタンを押下する。

次に以下の画面でComposer-Setup.exeのリンクをクリックあするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したころを確認して、Composer-Setup.exeを実行します。

Developer Modeにチェックを付けて[Next]

保存先を指定します。ここではD:ドライブのUSBメモリにインストールします。

次にパソコンのPHP本体のフルパスを指定します。
※私の場合はD:ドライブにPHP環境を構築していますので、D:\xampp\php\php.exeに設定しています。

ここでは特に何も指定する必要はありません。

インストールの設定が間違えていないことを確認して[Install]ボタンを実行します。

とくに何も指定せず[Next]ボタンを実行

以下の画面が表示されたら完了です。今までの手順でComposerのパスの追加などが行われているので、必ずパソコンを再起動して下さい。※再起動しないとパスの設定が反映されず次手順がエラーとなります。

ここまで終了したら、コントロールパネルでシェルを起動させます。

コマンドプロンプトでhtdocsにディレクトリを移動します。

cd C:¥xampp¥htdocs

ComposerでLaravelという名前のプロジェクトを作成します。

composer create-project laravel/laravel laravel

Laravelのバージョンを知りたいときは、上記で作成したlaravelプロジェクトに移動して
php artisan -Vを実行します。フレームワークのバージョンが表示されればOKです。

cd C:\xampp\htdocs\laravel
# php artisan -V 
(結果)Laravel Framework 8.15.0

ブラウザで以下の画面が表示されればOKです。※Laravel8.xバージョンからデフォルト表示される画面が変更されたようです。以下の環境だとLaravel 8.15.0、PHP v7.3.23で動作しています。

これでComposerのインストールとLaravelのインストールが完了しました。

【ドメインの取得なら】

年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

コメント

タイトルとURLをコピーしました